低年式車買取(古い車買取)や外車(輸入車)の買取りは?

外車 買取価格

 

現在では、外車もそう珍しい車ではなくなり、
値段も国産車と変わらない位で楽しめるようになりました。

 

昭和の時代では、外車はあこがれの車で一時期はスーパーカーブームで
「フェラーリ」や「ランボルギーニ」、
「ポルシェ」と言った高級外車から「アウディ」、「BMW」と
今では普通に乗られている外車までが誰もが憧れていました。

 

スーパーカーブームで育った40歳代、50歳代の世代の人たちが
その当時に憧れであった、外車・輸入車を購入する人も多くなっています。

 

しかし、昭和50年代の国産車までは、
外車の性能には遠く及ばなかったのですが、
現在では、国産車の性能は、
外車に引けをとらないか、もしくは、格上の性能の国産車もありますので、
実際に外車に乗ると国産車と変わらないか、
場合によっては、性能が下回ることに幻滅する人もいるようです。

 

外車の性能が国産車に追いつかれた現在において、
「車の買取」ではどうでしょうか?

 

正直、「大衆外車」に乗っている人が買取査定に出して、
まず、その査定額の低さに驚くことになります。

 

「大衆外車」の性能が国産車と変わらない現在となっては、
外車に対するアドバンテージは薄くなり、逆に、維持費は国産車よりかかり、
燃費性能も国産車よりも劣ることが多いので一般的には、
人気は低くなってしまいます。

 

しかも、
外車の本国で売られている値段よりも関税分、高くなっていますので、
購入時は、国産の同クラスよりもワンランク上の値段でも、
買取時は、本国での値段に為替分を考慮して査定されますので、
当然、購入金額よりも大幅に番ってしまいます。

 

しかしながら、こうしたことを承知のうえで、
外車には、国産車にはない「ファッション性」や「遊び心」がありますよね。

 

アメ車などは、無駄に広いし、大きいし、燃費も悪いし、
性能もあまりよろしくない。

 

しかし、アメ車のファンは結構いますよね。

 

ですから、外車のそういったところを求めて楽しむのであれば、
十分に価値はあるのではないでしょうか。

 

しかし、最近の外車・輸入車の小型車・コンパクトカーなどは、
日本向けに燃費の向上や価格も廉価モデルが出てきていますね。

 

今、日本の人気のハイブリッド車や軽自動車から乗り換える層が
増えているようです。

 

低年式車 買取

 

新車から10年以上経過した車の場合、
買取査定を受けても買い取り金額は、大幅にダウンすることが多いです。

 

買取専門業者が買取る車の年式は、大体新車から精々5年目までが一番多く、
よくて、7年目までが限界といったところになります。

 

ただ、低年式車でも丁寧に乗ってある車で、
「エンジン」や「足回りの部品」の劣化が少ないようだと、
そこそこの金額で買取ってくれることもあります。

 

これは、国内のオークションでは価値がない車でも、
輸出対象としてのオークションであれば10年目までの車でも、
値段がつくことがあるからです。

 

日本車の性能や品質の良さは、海外でも定評があり
日本車の中古車は、海外では車種を問わず人気になっています。

 

近くの買取業者で買取り金額が付かなかった場合には、
インターネットの「一括見積もり」を行ってみるとよいでしょう。

 

一括見積もりに参加している買取業者の中には、
海外輸出を行っている業者がいますので、低年式車でも期待が持てますね。

 

やっぱり、外車・輸入車は専門に行っているところがいい!
という方は、こちらがおすすめです。

 

●輸入車専門15年の実績
●年間取扱台数1,500台(輸入車だけでこの台数)
●5,000人の顧客へ直接販売(売り先があるからできる高額査定)
●ボッシュ認定自社工場(自社修理により削減できるコストを買取額に反映)

 

1.全国無料出張査定

 

2.2重査定なし
 一度契約書を発行し、
 車を引き取った後は価格が下がるなどの2重査定は行いません。

 

3.お支払いは全額翌営業日

 

4.確実な名義変更

 

輸入車・外車査定なら「外車王」

 

 

低年式車(旧型者)や外車(輸入車)の一括査定なら、コチラのページで。