車の買取とはなんでしょうか?

中古車 買取

 

 

私たちが所有するもので土地や家屋、貴金属のように資産価値があるものの中に、
車がありますね。

 

 

車は、家電品と同じように道具のひとつなのですが、
家電品は高価なものでも100万円以下がほとんどで、
大体は数十万円から数万円のものに対して、
車は軽自動車でも100万円以上はしますし、高級外車なら数千万円もするものもあります。

 

 

このため、家電品を買い替える場合、
大抵今まで使っていた家電品は処分してしまいますが、
車は今のっている車を「下取り」か「買取り」に出して、新しい車の購入資金に充てています。

 

 

車は資産価値があるので、車を買取ってもらってお金にすることも行われています。

 

 

特にバブル時代は、
フェラーリーやランボルギーニ、ポルシェと言った高級外車が
オークションで新車価格の何倍もの値段で取引されていました。

 

 

一昔前は、このように一部の高級車を買取に出して儲けることが行われていましたが、

 

最近は、車を「下取り」に出すのではなく、
「買取り」に出して次の新車やお目当ての中古車を買うことが主流になっています。

 

 

これは、今までは、
今乗っている車と同じメーカーのカーディーラーで買うことがほとんどでしたが、

 

最近では、
今乗っている車やメーカーに捉われずに「車を乗り換える」ことが多くなったっといえるでしょう。

 

 

下取りに出す場合は、
次の車を買うことが前提になっていますので、
「下取りに出す車の値段」と「新車の値引き」が一緒になっています。

 

 

ですから、

 

乗っていた車がいったい、いくらの価値があったのか分かりづらかったのですが、
「買取り」なら、今乗っている車の価値が一目で判ります。

 

 

なおかつ、

 

「車の一括査定」に出して、複数の車買取業者に査定してもらって、
あなたの車に、一番高額の査定金額を出した「車買取業者」に売ればよいわけです。

 

 

色々な状況にもよっても変わりますが、
大体は、車を「下取り」よりも「買取り」に出したほうが、
金額的にはお得なことのほうが多いようです。

 

 

一番高額の査定金額を出す「車買取業者」を見つけるなら、コチラのページで。