車買取り業者との交渉術

車 買取価格 交渉

 

車を購入するときは、「値引き交渉」を必ず行いますよね?

 

ほとんどの方が、新車でも中古車でも購入時に「値引き交渉」をすると思います。

 

車の場合、数百円や数千円の単位ではない場合が多いですから・・・。

 

しかし、
車の買取にいたっては、査定の結果が出て買取価格が出されると、
多少不満があっても受け入れる人が多いようです。

 

なぜなら、
「車の買取査定での交渉はできない。」と思い込んでいる人が多いからでしょう。

 

しかし、
車を買うときの値引き交渉と同じように、
「買取査定」でも、結果を交渉することかできるのです。

 

ただ、車買取での交渉は、車の購入時の値引き交渉とは違い、
プロの査定士が行った査定に対して「ご意見を申す」ことになりますので、
「確たる事実」や「前例」を押さえておかないといけません。

 

買取査定での結果に不服がある場合は、
その場で再確認の意識あることを査定士に告げなくてはいけません。

 

査定士は、依頼者に対して査定の結果を査定書に基づいて説明してくれますので、
減点個所があった場合に、他の買取業者で減点にならなかったのであれば、
このことを引き合いに出して交渉してみるとよいでしょう。

 

また、車の買取では契約を即決するよう迫ってきます。

 

買取り店からしてみると、ライバル店に客を取られたくはありませんので、
多少の買取金額を数万円アップしてくれる見込みはあります。

 

しかし、
契約を即決するよう圧力がかかっても、

 

少なくても2、3業者の買取査定の結果を待ってからのほうが有利となります

 

これは、あなたの車をなるべく高く売るためには【重要】なことですので
よく頭に入れておいてください

 

ついつい、面倒くさくなって、即決してしまう方も多いようですが、
非常にもったいないことです。

 

特に、若い女性の方にこの傾向が強いようですね。

 

普段のお買い物では、色々価格の比較をすると思うのですが・・・・。

 

やはり、機械系(メカ)だからでしょうか?

 

また、買取査定の交渉が行き詰ってしまったら、
直ぐに引き渡すことを条件に、
1週間程度レンタカーを無償で貸し出してくれるよう
交渉してみる価値はあります。

 

粘りが肝心です。

 

また、社外オプションでマイナスとなった場合は、
純正パーツに戻してから再度査定してもらえるよう
お願いしておくとよいでしょう。

 

以上の事柄は、
交渉をスムーズに終わらせるためにも、
大事なことですので頭に入れておいてくださいね。

 

 

頭に入れたら、すぐ行動!です。