車の査定について

車 査定額 アップ

 

 

車を下取りに出したり、
買取に出す時には、必ず今乗っている車の査定を行いますね。

 

 

車の査定は、
「走行距離」や「部品の劣化状況」、「事故の有無」、
「キズの有無や度合い」などを中古車査定士によって点数を付けるものです。

 

 

査定で大きく影響するのが、「走行距離」になります。

 

どうしても多く乗っていた車の部品は、
劣化が激しくなりますのでその分マイナスになってしまいます。

 

また、
事故に遭わないために危険な運転を避けるなど
自分で気をつけるようにしなければなりません。

 

 

もうひとつ査定のポイントとして挙げられるのが、オプションパーツになります。

 

メーカー純正のオプションは、高く評価されプラス点数になることが多いですが、
社外品のオプションで派手なものや
車検非対応のものが取り付けられていると大きくマイナスになってしまいます。

 

 

ただし、車買取業者によっては査定金額が大幅にアップすることもあります。

 

改造車をお持ちの方は、「改造車専門業者」をはじめ、
できるだけ多くの車買取業者に査定を依頼し、
プラス幅の大きい業者を選ぶようにしてください。

 

 

車がいくらの価値があるかを決めるものに、
査定の他に市場の「相場価格」も影響していきます。

 

 

中古車となる車の値段は、オークョンの「落札相場」によるものと、
新車販売価格からの減価償却費をリセールバリューという
車の人気度に応じて重みを掛ける方法があります。

 

 

前者のオークション相場で基準となる値段を付ける場合は、
人気車やスポーツカーが該当し、高値がつくことが多いです。

 

 

大抵の車は、後者の方法で基準値段を付けますが、
オークション相場の人気度によって差がついてしまいます。

 

 

そもそも人気度は、その時よく売れる車になることが多いですが、
一昔前のハイソカーブームの時は白いマークUが人気でしたが、
現在はワンボックスカーが人気のようにその時々によって変わります。

 

 

ですから、
車にあまりこだわりがないのであれば、車を購入する時に人気車を買って
大事に乗って、車の程度がよいうちに高値で売って、別の新車に乗り換える。
という方法もありますね。

 

けっこう、この方法を使っている方は多いのではないでしょうか。

 

1台の車を乗りつぶすのではなく、
2〜3年ごとに車を乗り換えるということですね。

 

あなたが車の程度がよいうちに高値で売ろうと思っているなら、
こちらのページへどうぞ。