車の下取りと買取では、どちらがお得か?

車 下取り

 

 

車を買い替える場合、
今までは、
今乗っている車を「下取り」に出して次の車の購入資金にしていることが多かったですよね。

 

 

車の下取りは、
大抵は、今乗っている車と同じメーカーのディーラに乗り換えることが多いのですが、
他のメーカーの車に乗り換えることで下取りに出すこともあります。

 

下取りに出す場合、
同じメーカーの車であれば自社メーカーの車なので基本的なことはよく知っているので
値段を出しやすく、ある程度丁寧に乗っているのなら高く値段がつくことがあります。

 

しかし、
他社メーカーの車になると、基本的な性能すら判らないこともあるので、
杓子定規的に値段を出されることがあります。

 

 

 

また、乗り換える車メーカーの規模にもよって、下取りが影響する場合があります。

 

販売がトップのメーカーであれば、
それだけ資金力がありますので下取りの車を少し高く引き取ったりして
自社メーカーの新車を買ってもらいやすく誘導したりします。

 

同じ車なのに
大手メーカーと販売台数が少ないメーカーとでは、数十万円も下取りが違うこともあります。

 

 

 

このように、下取りに出す場合は、
今乗っている車が幾らの価値があるのか把握しておかないと、
損をすることになりかねません。

 

 

車の価値は基本的には、売られていたときの状態が基本となりますので、
後から取り付けたオプションなどは評価されないことが多くあります。

 

しかも、
エアロパーツなどの趣味性が高いオプション品が取り付けられていると、
逆に下取りの値段が下がってしまうことありますので、
あまり派手なものは取り外したほうが無難と言えます。

 

 

ただし、、「買い取り」の場合は、
改造車でも改造車専門の買い取り業者などを選べば、
人気のあるパーツや新しい製品は、高額査定となる可能性があります。

 

 

一概には言えないところもあるのですが、
車の「下取り」と「買取」では、
おおよそは、買取のほうに軍配が上がることのほうが多いようです。

 

 

ただ、車のカスタマイズ(ドレスアップ・チューンアップ・改造車)に関しては、
買取りにしても、車検非対応の社外パーツに交換した場合は、
不利になることが多いようですので、お気をつけて。

 

 

まあ、そういった車が大好きだ!というマニアもいますので
そういった改造車専門のところや「個人売買」などで売ればよいわけですが、
少々手間がかかるし、トラブルになることもありますので、
「個人売買」などは、慎重に行いたいものです。

 

 

改造車に関しては、買取業者によって大きく違ってきますので、
できるだけ多くの車買取業者に査定を依頼して、
社外パーツの価値判断が得意な業者を見つけるようにすれば、
高額な査定金額も夢ではありません。

 

 

出来るだけ、多くの車買取業者に査定を依頼するなら、コチラのページから。